住まい選びの意外な落とし穴と不動産屋を回って思ったこと

RECENT ENTRY

分譲住宅と賃貸住宅のメリットとデメリット

機械

色々な不動産屋を回って思ったこと

通勤

住まい選びの意外な落とし穴、それは家具選び


東京での賃貸暮らしのメリットの一つに転居の身軽さが挙げられると思います。
分譲であれば転居するにも売却するか賃貸に出すか、もしくはお金持ちかといった条件が必要になりますが、賃貸であれば家主や管理会社への意思表示一つでどこにでも住むことができます。
ただ、賃貸暮らしが身軽であるとはいえ一つ気をつけておいたほうが良いと思われるポイントがあります。
ずばり「家具選び」でしょう。
身軽に住居を変える楽しみに、住む場所を変える楽しみと様々な間取りを体験できる楽しみがありますが、家具選びを間違えてしまうと少々面倒な事になってしまいます。
新居に移ると皆さんそれなりに新しい家財道具を買い足されると思いますが、基本的には旧居から一緒に持ち運ぶことになるでしょう。
その際に旧居の間取りにゆとりがあり、大きめの家具を購入してしまうと新居に置き場所がなくなってしまう場合があるのです。
仮に安価な家具であれば妥協して処分することも出来るでしょうが、こだわりの強い人であれば、家具も自分好みのものを揃えていますよね。
そうなると処分することも出来ず、結果としていびつな空間での生活を余儀なくされてしまいます。
気の向くままに住居を変えるライフスタイルもありだとは思いますが、くれぐれも家具は汎用性の高いものか、こだわりのものならばコンパクトな物が良いでしょう。
なお、普通に家探しをするにあたっても参考になると思われますので住居選び、家具選びの際は気をつけてくださいね。


東京で賃貸住宅を探す時に気を付けた方がいいことがいくつかあります。
せっかく良い物件を見つけたと思っても、悪い部分や我慢出来ない部分を見逃していて、すぐに引越しをしなければいけなくなると、金銭的にも精神的にも肉体的にもとても大変です。
引っ越してからじゃ分からないところもありますが、ある程度の事は調べたり、気を付けないといけないことは頭に入れながら探すようにすると良いでしょう。
まずは、自分が住む環境で許せる範囲をまとめましょう。
独立キッチン、室内洗濯機置き場、トイレとお風呂は別、2階以上、日当たり良好、駅から徒歩何分、駐車場の有無などあげたらきりがないですが、ここは譲れない、ここまでは許せるという範囲をメモして不動産にいくと、スムーズに探す事ができます。
そして、物件を見に行くのは出来れば日中と夜と2回行った方がいいです。
日中は日当たり良好かや、騒音などが判断できます。
工場が近くにある場所は、日曜に見学した時は静かで落ち着けて良かったと思っていても、住んでみたら平日はとても騒がしかったという事があります。私が実際経験して失敗しました。
夜にも来たほうがいいのは、その物件付近の明るさを見る為です。
街灯が全くなく帰り道がずっと真っ暗な場所ではないかなども確認すると良いでしょう。
出来ればごみ捨て場も確認していた方がいいです。
管理が行き届いているかチェックできます。
不動産の方たちの言葉も勉強になったりしますが、なかには「ここは人気で早く契約が決まります。」など早く契約して欲しいがために使う方もいますので、焦りは禁物です。
これらを注意しながら、少しでも悔いのないよう、自分に合った物件を探しましょう。
時間もかかりますし、なかなか大変ですが良い物件に巡り会えるといいですね。。

おすすめサイト




RECENT POSTS

機械

分譲住宅と賃貸住宅のメリットとデメリット

我が家は一戸建ての分譲住宅です。分譲住宅のメリットとしては、賃貸住宅と違って自己の所有物であり、住宅の使い方は自由です。特に室内に関しての利点があります。例えば賃貸の場合は、壁に小さ…

Read More
通勤

色々な不動産屋を回って思ったこと

以前に不動産屋を5軒ほど回った時のお話です。不動産屋というものは、会社単位でもやり方は違うのですが、やはり人柄によってもいい人悪い人っているものだなと思いました。同じ…

Read More
女性

家族が多いと住まいは広さを考慮して

私は転勤族で数年毎に引っ越しを繰り返してきました。その度に住まいには悩まされることばかりでした。借りるのは賃貸のマンションが多かったのですが5人家族の…

Read More

POST LIST